メンズサプリに関する記事

亜鉛はなぜ精力増強に効くのか?

ミネラルの中でも特に不足しがちな亜鉛。

「精子量がアップ!」などの謳い文句でよく精力剤などに含まれているのを見かけますが、いったい亜鉛にはどのような働きがあるのでしょうか。

亜鉛の性質や亜鉛と精力との関係性について説明していきたいと思います。

亜鉛とは?

亜鉛には味覚を正常に保つ働きがあり、皮膚や粘膜のバランスを保ったりしています。

体内に約2g存在しているとされ、新陳代謝に必要な100種類を超える酵素をつくる成分となり、タンパク質の合成などにも深く関係しています。

ミネラルの一種で、適度な亜鉛の摂取は性欲増進や精子形成の増加が期待出来ますが、摂りすぎると有害とされています。

亜鉛が不足するとどうなるのか?

亜鉛不足に陥ると、亜鉛欠乏症とよばれる症状になり様々な障害が引き起こされてしまいます。

味覚障害や貧血、発育障害などが引き起こされ、体内のタンパク質合成全般が低下してしまいます。

精子はタンパク質と一緒に体外に排出されますので、亜鉛が不足してしまうと精子の運動率と精子数も減ってしまいます。

また、テストステロンと呼ばれる男性ホルモンの分泌量や合成量も低下してしまうため、チンコの機能不全であるEDを引き起こしてしまう恐れも。

不妊男性の多くは亜鉛不足とされており、脱毛やEDといった男性を悩ませる問題を引きおこす恐れのある非常に重要なものだったのです。

その他にも亜鉛には感情のコントロールを行うために必要な神経伝達物質を作るのに必要な成分という一面があります。

亜鉛が体内に十分にあることで精神が安定しやすくなり、うつ状態の緩和などに繋がるのです。

チンコの問題は精神的なストレスによるものが多く、もしかしたら亜鉛不足によって引き起こされているものもあるかもしれません。

亜鉛の1日の摂取量の目安は?

亜鉛の摂取量の目安は、成人男性で1日10mgが適量とされています。

魚介龍や海藻、肉類に多く含まれており、特にうなぎのかば焼きやカキに多く含まれています。

とはいえ、うなぎやカキを毎日摂取し続けることは難しいので、基本的にはサプリメントを使用した摂取がオススメです。

ここで注意したいのが摂りすぎについてです。

「ハゲてきたから」「最近チンコの元気が無い」といった悩みを抱えている方は多くいらっしゃると思いますが、一度に大量に摂取してしまうと吐き気や免疫障害、下痢などのを引き起こしてしまいます。

亜鉛を大量に摂取すれば良いというわけではないため、決められた適量を継続的に摂取しましょう。

亜鉛は体に吸収されにくいのか?

亜鉛は水に溶けにくいという性質を持っています。

体への吸収率が低いため、効率よく亜鉛を摂取するためには摂り方に工夫が必要です。

スナック菓子やインスタント食品などに多く含まれるフィチン酸やポリリン酸といった成分は亜鉛との結合力が強く、体内への吸収を妨げたり、排出する働きを持っているため、注意しましょう。

また、食物繊維やコーヒーに含まれるタンニンなども同様に亜鉛の吸収を妨げてしまいます。

一方で梅干しやレモンに含まれるクエン酸は亜鉛を体に吸収しやすくしてくれます。

ビタミンCや動物性たんぱく質も亜鉛の吸収を助けてくれるので、すっぱいものや肉や魚と一緒に摂ると効率よく亜鉛の摂取を行うことが出来ます。

まとめ

普段あまり意識することのない亜鉛ですが、実は不足してしまうと様々な症状を引き起こしてしまう大切な成分でした。

逆に亜鉛が十分に足りていると精力の増強や精子量の増加などが期待され、うつや勃起不全になりにくい体を維持することが出来るようです。

亜鉛の低下は精力の低下といっても過言ではありません。

不足してしまわないように普段の食生活やサプリメントで補うようにしましょう。